ナチュルマロンの考察('ω')

不定期で適当に呟いていきます。面白いことなど何も言えませんが情報を簡潔に・見やすく伝えることを目指してます_(┐「ε:)_Twitterはこちら。@igaguri_guri

〜番外編〜時間が無い方向けSPYRAL

f:id:igaguri_guri:20170817110523j:plain

いが。 です。

今回は前編・中編・後編にわけたSPYRALを超簡潔に要点だけまとめてみました。

3分ほどで読める記事を目指しています_(┐「ε:)_

前編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/16/191651

中編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/17/005351

後編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/17/020348


まずはSPYRALカード紹介。

とりあえず2枚だけは覚えておきましょう。

f:id:igaguri_guri:20170817110752j:plain

「Fix」

『1・ns、ss時に発動可能。デッキから「GEARカード」をサーチ。

    2・場に「ダンディ」(Agent)がいる場合に手札1枚捨てて発動可能。墓地からこのカードをssする。墓地から蘇生されたこのカードが場から離れる場合除外される。』


名称単1をつけ忘れているのでエクシーズ素材にして落とせば何回でも使えます。


f:id:igaguri_guri:20170817111045j:plain

「ダブルヘリックス」リンクマーカー:左・下

『SPYRALモンスター2体

    1・このカード名はフィールド・墓地に存在する場合、「ダンディ」として扱う。

    2・名称単1、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動可能。相手のデッキトップが宣言したカードの種類ならばデッキ・墓地からSPYRALモンスターを1体選んで手札に加えるか、このカードのリンク先にssする。』

リンク素材の緩さとダンディとして扱うことによりFixの墓地効果が起動可能、そしてSPYRALモンスターリクルート。弱いことが書いてないです。こいつさえ止めればいいって感じあります

ほとんどのカード紹介は前編にありますのでそちらで。


前編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/16/191651


次に展開例ですが、

まずはSPYRALの最終盤面について触れます。


最高盤面は

「LastResort&Sleeper」と「相互リンク3トライゲート」を並べることです。

相互リンク3トライゲートはインフィニティみたいなものです。モンスター魔法罠1度だけ無効にします。


そしてLastResort&Sleeperですが、文章にするとこんな感じ。

「2800打点の戦闘効果で破壊されず、効果の対象に取られない、フリーチェーンでノーコストゴッドバードアタックできるやつ。(場のカード2枚まで破壊できます)」

これはSleeperにLastResortというモンスターを装備することでなります。LastResortを破壊して戦闘効果で破壊 で突破しないといけません。


なのでSPYRALに先行を取られたらこの化け物が並ぶ と意識しておいてください。(100回初手を施行した結果、70回こいつが立ちました。)


展開ルートに関しては長すぎるので中編をご覧下さい。


中編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/17/005351


次にSPYRAL対策について。

結論から言うとほぼ全ての手札誘発が効きます。

そしてサンダーブレイクで止まります。(マスターPやABCが該当)


なのでサイドチェンジ以降は

SPYRALが先行→積めれる手札誘発全部積みましょう

SPYRALが後攻→全力で置き物を置きましょう


単純ですね。止めるところはダブルヘリックス止めればぶっちゃけなんとかなります。

誘発ごとに止める場所を書いた後編がありますのでお時間があればそちらも。


後編

http://igaguri-guri.hatenablog.com/entry/2017/08/17/020348


以上が超簡潔にまとめたSPYRALです。

ちなみに筆者は環境入りはないと思ってます。

…多分。おそらく。